techacademyがteratailの質問を転載して記事を作っている

きっかけとなったのが以下のツイート。去年のツイートではあるがリツイートで回ってきた。

少し気になったため、ツイッターで検索してみたところ、2月末の以下の内容のツイートを発見した。

このツイートの、techacademyの元記事は削除済みである。(web archiveでは、「お探しの記事は見つかりません」のスナップショットしかなかった。)

以下のページの、初めのページのリストの分だけ、google検索を利用して検証してみた。

techacademy.jp

以下のリンクは、そのメモである。

pastebin.com

google searchというのが、検証に利用したクエリの結果であり、techacademyとあるのが転載の記事へのリンク、teratailとあるのが転載元の質問である。

質問内容の転載であるものから、回答まで転載(盗用というべきなのか?)されているものまで、さまざまである。

気になったこと

以下の記事に登場するような、mentor-takedaなる人物は実在するのだろうか。

techacademy.jp

mentor-takedaのプロフィールを記事から引用する。

mentor-takeda

関数型プログラミング言語(HaskellやLispなど)を使用した数値計算システム開発業務に長年従事。

そのほかにも「太田和樹」「吉本 敏洋」なる人物が登場する。実在しない人物の場合のみ転載なのか、とも疑ったがそうでもないらしい。以下のリンクは質問のみ転載のパターンであったが、techacademyでの回答者は実際のtechacademyのメンターであるようだ。

techacademy.jp

teratail.com

すべての記事を検証するほどの体力がないため、ここで終わりにしようと思う。アウトソーシングした記事が既存の記事の転用だった、というような話も聞いたことがあるが、結局運営の責任であることには変わらない。短時間でやったため、もしかしたらtechacademyが先に上げている記事もあるかもしれない。余力があれば、この件についてそのうちtechacademyに問い合わせるかもしれない。記事とは関係ないが、twitter cardの埋め込みがうまくいかないのはなぜだろうか。